パートタイマーに有給休暇は与えられるのか

ここ最近、パートタイマーやアルバイトを中心に年次有給休暇が与えられない、といった相談が行政機関などの相談コーナー等に多く寄せられております。
なかでも多いのが、事業主から「パートやアルバイトには年休はない」と言われてしまう様なケースです。
パートタイマー等に有給休暇を与えなくてもよいのかという点について、労働基準法という法律では、通常の労働者ではないパートタイマーやアルバイトであっても付与しなければならないことになっております。
ただし、週の所定労働日数が4日以下の労働者または年間所定労働日数が216日以下の労働者については、所定労働日数に応じて比例付与される仕組みとなっており、所定労働日数が少なければ、付与される日数自体は少なくなります。
また、週の所定労働日数が少なくても、週30時間以上勤務する労働者については、通常の労働者と同じ日数を付与しなければならないことになっております。
法律でこのように決まっていることから、パートタイマーやアルバイトであっても、事業主に対して有給休暇を与えてもらえるよう、堂々と主張できるのです。