有給休暇の取得率の低さの対策です。

有給休暇は、お給料を減額されずに取得することが出来るお休みです。
これは、それぞれの企業や団体により取得出来る日数が異なりますが、労働者に与えられた休暇です。
しかし、日本においては、この有給休暇の取得率が著しく低いのです。
年間を通しても、わずか数日しか取得しておらず、余すという結果になっているのです。
この有給休暇の取得率の低さの原因には、各企業での人員不足があげられます。
人件費の節約の為に、各企業ではリストラや新規の社員を採用しないという姿勢が多くの企業において見られます。
社員1人にかかる負担が多く取得することができないという現状を生んでいるのです。
そして、仕事をこなす為に残業をするなどし、1人の労働時間が増えることにより体を壊し病欠休暇を取得してしまい、また誰かの負担が増えるという負の連鎖も生み出しています。
そして著しく低いという結果になっているのです。
この取得率を高くするためには、年間の最低限の取得日数を法律化するしかないと思います。
働き過ぎの日本からゆとりある日本への変換が必要だと思います